弁護士の存在

弁護士というと、なにか別の世界の存在であるかのように感じるかもしれません。
法務に関する業務専門であることから、縁遠く感じるためでしょう。
しかし、本来は身近な存在であり、トラブルを解決するために奔走する仕事でもあるのです。


弁護士になるためには、かなり長い道のりを歩かなければいけません。
相談に乗れるだけの実力を身に着けなければいけないということではありますが、実際の経験を身に着ける以前に、高い知識を身に着けなければいけないからです。


弁護士は、法務系の資格の頂点にあるといっていいでしょう。
各法務系資格が専業で行うことができる業務を弁護士は許可されています。
ただし、本来の業務に付随する場合である場合や登録が必要になるなど、条件が付いていますが、これは驚くほど強い効力を持っているといえるのです。
それだけに、単一の法務業務というだけではなく、幅広い知識を持たなければいけません。


弁護士になるためには、司法試験を受けて合格することが条件になります。
以前は、新司法試験という呼び方をしていましたが、並行して実施されていた旧司法試験が終了したため、正式に司法試験となりました。
制度改革に伴い、旧司法試験とは受験資格も試験方法も変更されていますので、全く別物と呼ばれるものになったのです。


弁護士になるための条件を知ることで、弁護士とはどんな存在なのか見えてくることもあるでしょう。
日本で最も高い難易度を誇る姿がわかるはずです。


[Recommend Site]
慰謝料請求や減額に関する相談を専業で行っている弁護士事務所のサイトです・・・弁護士 慰謝料

Copyright © 2014 弁護士になるには All Rights Reserved.